読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【洗濯】パリのコインランドリーの使い方【乾燥】

ある程度の長期滞在で、着替えを日数分用意していない場合は、どこかで洗濯をする必要がある。

そうでなければ日に日に服は汚れていき、そのうち異臭を放つようになってしまうだろう。

冬なら上着やズボンは大丈夫かもしれないが、それでも下着はやはり変えたい。

幸い、パリにはたくさんのコインランドリーがあるので、それらを利用すればすぐに洗濯・乾燥を行うことができる。

パリのコインランドリーの使い方

日本と違い、一般のマンションでは洗濯機がないことが多いフランスでは、コインランドリーの利用者は多い。

そのため、パリの住宅エリアを歩けば、簡単に1、2軒は見つかるはずだ。

フランス語表記しかないランドリーも多いが、使い方は理解してしまえば簡単。

まずは空いている洗濯機を探す

最初にすることは使われていない洗濯機を探すことだ。

空きの洗濯機を見つけたら、そこに洗濯物をまとめて放り込もう。

携帯電話をポケットに入れたままにしていないか、紙類やティッシュは残っていないかなどの注意点は日本と同じ。

それから、洗濯物を入れた洗濯機の番号を覚えておこう。

洗剤を購入する

次に必要になるのは洗剤。

フランスに住んでいる場合には、モノプリやフランプリで購入した方が安上がりだが、旅行中に1回や2回しか洗濯をしないのであれば、割高だが洗濯屋で購入するしかない。

洗濯場の中に「lessive」と書かれた箱型の自販機があるので、そこの番号を覚えよう。

それから支払いマシンのところまでいき、洗剤自販機の番号を入れ、お金を入れる。

大抵は1€だ。

すると、洗剤の自販機から包装された洗剤が出てくる。

例えば、lessiveの番号が20番なら、支払いマシンに20と入れ、1€を入れる。

包装を破って洗剤を取り出したら、洗濯機の上側にある箱を手で引き出し、洗剤を入れよう。

洗濯機の番号を入力し、お金を支払う

洗剤を入れたら、もう一度支払いマシンまで行き、今度は洗濯機の番号を入力する。

それからお金を入れると、洗濯機が動き始める。

料金は店によって異なるが、パリだと最もサイズの小さな洗濯機で4€が相場。

洗濯機のサイズが大きくなると料金も上がるが、旅行者だと普通は使わないだろう。

後は洗濯が終わるまでの間、どこかで時間を潰すか、洗濯場で本でも読んでいよう。

洗濯物は放置していても盗まれないが、時間までには戻るようにしよう

スリやひったくりが多いパリでも暗黙の了解があるのか、洗濯中の洗濯機を開けて洗濯物が盗まれることはまずない。

ただし、これ見よがしにブランドものの服を洗濯機に入れていたら話は別かもしれないが....

とは言え、洗濯中に他の場所で時間を潰すときは、念のために洗濯が終わるまでには戻ってきたい。

乾燥機は使い終わったばかりのものを狙え

洗濯が終わったら、今度は乾燥機だ。

ホテルに干すこともできるが、乾燥機は洗濯機と比べて安いので、乾燥代をケチっても節約による費用対効果は少ないと思う。

店にもよるが、1€で8分間というパターンが多い。2€出せば16分乾燥できる。

乾燥機を使うポイントは、使い終わった機械を狙うことだ。

動いたばかりの乾燥機は内部に熱が残っており、冷たい乾燥機よりも効率が良くなる。

ちなみに、洗濯上には東南アジアによくあるプラスチック製のイスに洗面器をくっつけたような容器が置かれている。

洗濯機から乾燥機に衣類を移すときに使おう。