読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケルンのオススメ格安ホテル―レーヴェンブロイホテル

ケルンはドイツでも有数の都市だが、フランクフルトほど旅行者が多いわけではないので、ホテルの選択肢もそれほど多くはない。

しかし、探せば一泊40€代の安くて快適なホテルもあるので、旅費を浮かせたい場合にも快適な街である。

今回はレーヴェンブロイホテルを紹介しよう。

レーヴェンブロイホテルはケルン中央駅から徒歩10~15分。アクセスは最高

ホテルの立地はケルン中央駅から南に向かって、ライン川沿いに歩いて10分から15分ほど。

ケルン中央駅を出たら、有名な大聖堂を正面を南側に抜けてほぼ直線に歩いていけばたどり着ける。

移動ルートにはローマ・ゲルマン博物館やルートヴィヒ博物館などの観光スポットもある。

周辺は観光客向けのエリアで、ホテルやレストランが立ち並び治安も良好。

駅に近い、観光スポットに近い、周辺にレストラン多し、さらにライン川は目の前と、立地は文句なしに最高。

レーヴェンブロイホテルはレストラン併設

ホテルはレストラン併設となっていて、入口はレストランと共通である。

最初は面食らうかもしれないが、気にせずに建物に入ろう。

入口は正面と裏側の2箇所あり、どちらからでも入ることができる。

受付は2階(ヨーロッパ風に言うと1階)にあり、ちょっと窮屈な部屋となっている。

ドイツ語が分からなくても、英語で対応してくれるので問題なし。

部屋は狭いが設備は近代的。テレビ付き。

レーヴェンブロイホテルのシングルルームはそこまで広くなく、10m2よりは少し広いかなという程度。

ただし、ベッド、イス、机、洗面台、そしてテレビと基本的な設備はついているので、快適に滞在できる。

特に嬉しいのは新しい使い捨てスリッパが置かれていること。

ヨーロッパのホテルでは、部屋の中も靴を履いていることが前提になっているが、やはり日本人なら靴を脱ぎ、せめてスリッパでくつろぎたい。

他のホテルにも泊まるのであれば、ぜひ使い捨てスリッパの持参をオススメするが、レーベンブロイホテルに最初に泊まるのであれば不要である。

トイレ・シャワーは別室だが、専用。

トイレとシャワーは他の部屋となるが、うれしいことに専用。

40~50€の格安シングルルームだと、トイレ・シャワーが共有のホテルも少なくないが、レーベンブロイホテルは専用となっている。

著者が泊まった部屋では、部屋の前にある部屋がトイレ・シャワーだった。

施錠されているので、空けるときには鍵が必要だが、中は清潔できれい。

もちろん、シャワーもすぐにお湯が出てくる、使い心地の良いシャワーであった。

また、うれしいことにシャンプー(+ボディーソープ兼用)の袋が滞在日数分置かれてあった。

ドイツの合理主義はさすがというべきか、ホテルでは、シャンプーとボディーソープ両方を兼ねたソープが主流のようだ。

Wifiの速度は格別早くはないが、ストレスを感じない程度に使える

WifiはIDとパスワードを入れて使うタイプ。

ヨーロッパの格安ホテルだとWifiの通信スピードが遅すぎて話にならないところもあるが、レーヴェンブロイホテルではごく快適に使えるスピードであった。

Youtubeの動画も問題なく再生できる。

また、一つのIDとパスワードを複数の機器に使い回せるのも楽。

宿泊者にはレストランで使える10%割引のバウチャーが与えられる。

レーヴェンブロイホテルではレストラン併設のために、朝食も取ることができる。

一食7か8€とやや割高だったので、取らなかったが、朝ごはんもしっかりと食べたい人は頼むといいだろう。

ネットでの予約時に朝食付きにしなくても、チェックイン時に受付に言えば朝食付きにしてもらうことができる。

普段の食事にあまりお金をかけたくない場合は、ケルン中央駅などでカーリーブルストなどのウインナー+パンのセットが3€ほで食べられるので、あえてレーヴェンブロイホテルで食べる必要はないだろう。

レストランでのオススメはケルンの地ビール、ケルシュ

ドイツと言えばビールが有名だが、中でもケルンはケルシュという地ビールが有名。

このケルシュは他の地方にはほとんど流通しておらず、飲むためには基本的にはケルンを滞在しなければいけない。

ケルン市内であればどこのレストランでも飲むことができるが、もちろんレーヴェンブロイホテルでも注文することができる。

ケルシュの一番少ない容量は2.9€。宿泊者の割引バウチャーを使えば、2.6€まで下げることもできる。

もちろん、何杯か飲めばその分割引率は上がるので、一杯と言わず、2,3杯飲んでもいいだろう。

ケルンのレーヴェンブロイホテルは安めの料金の割には快適。個人的には非常に満足

清潔な部屋とトイレ・バスルーム、テレビ、机、イス、ベット、洗面台、収納、コップと必要な設備が一通りそろった部屋、そしてストレスなくつながるWIFIと、40€代の格安シングルホテルとしては非常に満足できる部屋だった。

特に、使い捨てスリッパが置かれてあったのには感動も一押し。ありがたすぎて、ケルンの後に宿泊したホテルでも活用させてもらった。

レーヴェンブロイホテルの周りには似たような感じのホテルが何軒もあったので、それらも同じ感じかもしれないが、個人的にはケルンを滞在する人で、なるべく安い料金でシングルルームに泊まりたい人に一押しである。