読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約旅行でフランスを旅するならスリには気を付けたい。

節約旅行とは決して金をケチることを至上の価値とするのではなく、自分の使いたいところにはしっかりとお金を使い、逆に重要でないところは最小限の出費で抑える、いわばコスパの最大化が目的である。

従って、節約旅行にとって最大の敵は、自分が価値を置かないものに許容範囲以上のお金を使ってしまうこと。

その意味では、スリによってサイフやスマホを盗まれてしまうのは最悪の事態でしかない。

パリはスリの街。特に日本人は狙われる

最近ではテロリストの銃撃など、本当に危険なイメージがついてしまったパリだが、元々はスリやヒッタクリなどの軽犯罪がやたらと多い街として悪名をはせていた。

対テロで警備が厳重になっている現在も、これは変わっていないと思う。

特にスリは要注意。

ルーブル美術館周辺やオペラ座前など、定番の観光名所ほど危険スポットになる。

残念ながら日本人、それも女性ほど狙われる傾向にある。

あなたがスリなら、手ぶらの屈強なヒゲズラの男と、手さげかばんを下げた華奢な女性なら、どちらを狙うか考える間でもないだろう。

スリ対策の基本①―サイフは簡単にスラれない場所に。

ゆったりとしたジャケットのポケットや、口の開いた鞄などにサイフを入れていると、スリに狙ってくださいと言っているに等しい状態である。

スリを生業にしている人間はこちらの想像以上の技術を持っているので、すぐにスラれてしまう場所にサイフを入れていると、一瞬で抜き取られてしまう。

ホテルに帰ったときや、レストランで支払いの段になってサイフを盗まれたことに気づくのは最悪以外の何物でもない。

鞄にサイフを入れるならしっかりと口を閉じられるものにしよう。

また、サイフをポケットに入れるなら、ズボンの両サイドのどちらかのポケットに。

日本では、ズボンの後ろポケットにサイフが半分顔を出した状態で入れている人もいますが、フランスでこれをやるのは最悪の自殺行為だ。

また、意外と盲点なのがリュック。

リュックを背負ったときに、後ろ側に位置する部分にサイフを入れると、簡単にチャックをあけられて盗まれてしまいます。

スリ対策の基本②―サイフは鞄やリュックの奥深くに仕舞い、ポケットに少額のお金を入れておく。

パン屋でフランスパンを買ったり、レストラン・ラピッドでケバブサンドを注文するぐらいなら、わざわざサイフを出す必要はない。

少額の買い物をするときのために、胸ポケットやズボンのポケットに小額紙幣や小銭を入れておくと便利な上に、スリ対策にもなる。

そもそも通りなどの人通りの多いところでサイフを出すのは、それだけでリスクと思っておきたい。

女性で小銭をポケットに入れるのはちょっと、という人は、小銭入れを用意してその中に小銭や小額紙幣を入れるのも良い。

大きなお金やカード類を入れたサイフは、荷物の奥深くにしまうのがスリにサイフを盗まれないための基本。

とは言え、鞄ごと盗まれてしまっては元も子もない。

そこで今度は、ひったくり対策も重要になる。

スリよりもたちが悪いヒッタクリ

スリはこちらの気が付かない間にサッとサイフを盗んでいくので、身体的な被害を負うことは稀である。

しかし、実力でカバンスマホをかっぱらうヒッタクリは、最悪の場合には転倒したりしてケガをしてしまう可能性もある。

また、精神的に受けるショックも少なくない。せっかくのフランス旅行を嫌な思い出にしたくなければ、ひったくりにはとにかく気を付けよう。

ヒッタクリ対策①―肩かけカバンは使わない。

女性は老若男女ともわず真っ先にヒッタクリのターゲットにされてしまう。

特に、肩かけカバンを下げている女性が狙われる。

最悪なのは、車道の側の肩にカバンをかけている場合である。これはフランスに限った話ではないが、バイクや自転車で追い抜き際にサッとひったくられてしまう。

もし肩かけカバンを使うしかないのであれば、両手でしっかりと保持し、建物側の肩にかけるようにしよう。

服装によっては難しいかもしれないが、理想的にはやはりリュックサックが安全である。

ヒッタクリ対策②―人込みの中でスマホを出さない

日本ではながらスマホは他の人とぶつかるので危ない、と言われているが、フランスではヒッタクリに合うという意味でも危ない。

最近ではWifiが充実しているので、フランスでも日本と同じように通信できるし、観光名所では写真撮影も行える。

それでも、人の往来があるところでは可能な限りスマホを出さないようにしよう。

スマホは鞄についで人気のヒッタクリ対象だからである。

鞄と違って、片手でサッと取りやすいというメリット(?)もある。

著者の知り合いから聞いた話では、アジア系の留学生の女の子が、地下鉄の電車の中で座ってスマホをいじっていたら、なんと駅についてドアが開いた瞬間にヒッタクリに遭ったという。

もちろん、彼女はある程度周囲に気を付けていた上でスマホを使っていた。

観光名所や地下鉄の中などは特に注意したい。