読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスにとにかく安く行きたいなら中国東方航空がオススメな7つの理由【格安航空】

ANAJALが今年の2月から燃油サーチャージを復活させたことで、日系航空会社のヨーロッパ便がまた高くなりました。

そんな中、中華系の会社は相変わらず素晴らしい価格を示しています。

航空会社を選ぶ基準は人それぞれだと思いますが、とにかく価格が安いことが重要、後はできればある程度の快適さがあれば満足、という人も多いはずです。

特に、無駄なところには一切金を使わない男の節約旅行ではこれは非常に大切なことです。

この点で最もオススメできるのが中国東方航空です。

ひと昔前はいろいろと凄まじい体験談も聞かれた中国東方航空ですが、2017年現在では洗練されてきており、価格の安さを考えるならサービス面も十分に満足できます。

そのメリットは次のとおり。

1. とにかく安い価格。東京ーパリ便が5万円台からある。

何よりも価格が安いことが最大のメリットです。

さすがにハイシーズンとなれば10万円近くすることもありますが、予約時期によっては総額5万5000円で購入できることもあります。

燃油サーチャージや予約手数料なしでこの価格。

他の航空会社なら安くても7万円代、10万円前後かかることも普通です。

2.羽田出発、成田出発が選べる。行きと帰りで違う空港を選ぶことも可能。

中国東方航空を利用する場合、上海で乗り換えになります。

そのためか、東京に発着する便は、羽田と成田の両方から選ぶことができます。

行きは羽田発、帰りは成田着なんて変則的な組み合わせも可能です。

追加料金を取らないことが素晴らしいですね。

3.便が豊富で、発着時間が選べる

日本からの運航数が少ない航空会社の場合、出発時間や到着時間を選ぶことはできませんが、中国東方航空ならかなりの選択肢があります。

また、エアアジアのような格安航空ではないので、安い便を選ぶとトランジットで10時間待たされるなんてこともありません。

時期にもよると思いますが、トランジット時間を含めて16~17時間程度が最も早い便のようです。

4.格安航空ではないので機内で食事と飲み物が無料で出る

パリまで5万5000円と素晴らしい価格の中国東方航空ですが、LCC-格安航空-ではありません。

従って、機内では食事と飲み物が追加料金なしでサービスされます。

かつてはビールも含めてドリンクはすべて常温で出された、やたらと炭水化物が多い、など、機内食に関してはあまり芳しくない話もあったようですが、最近は改善されている模様。

ビールはちゃんと冷えて出てきます。それでも炭水化物が多いのは相変わらずのようですが(笑)

5.預入荷物が2個まで無料

もちろん、預入荷物も2個までは無料です。LCCのように荷物を預けるたびに追加料金を取られることはありません。

6.CAの対応もよくなってきた?

2005年頃には客もCAも総じて態度が酷い、という話もありましたが、最近では洗練されてきているようです。

特に、ヨーロッパ便は選りすぐりのCAが登場しているという話も。

日本人的な対応を期待することはできませんが、世界標準から見ればむしろ良いレベルだとも言われています。

まあ、乗客やCAは乗り合わせてみないと分かりませんが、昔のように覚悟して搭乗しなければならない、というわけではありません。

また、上海までの飛行機には日本人搭乗員がいるようですし、上海空港には日本人の地上スタッフがいるようなので安心ですね。

7.JALのマイルが貯まる

中国東方航空に行けば、JALマイレージが溜まります。

国内便とは異なり、ヨーロッパ便はがっつりとマイルがたまるのが嬉しいですね。